サミットSJ工法の特長

FEATURE
01  接合部耐力の明確化

接合部耐力の明確化
自由度の高い空間を実現

FEATURE
02  自由度の高い空間を実現

FEATURE
03  施工性の向上

施工性の向上
多彩な構造意匠が可能

FEATURE
04  多彩な構造意匠が可能

安定した強度を実現

従来の在来工法は、木材加工により柱・梁を組み合わせる接合をするため、強度が弱くなってしまいましたが、
金物工法は木材の断面欠損が小さく、接合部の耐力も数値で明確化されているため安定した強度を実現します。
ピン工法であるため筋交いが必要ですが、門型フレームを用いて一方向ラーメンの設計が可能です。

1 フレーム頂部の接合①
2 フレーム頂部の接合②
3 フレーム継手部分の接合
4 フレーム脚部の接合