中・大規模木造、GIRのパイオニア「サミットHR工法」

ニュースアーカイブ

H23.10.06 : 山大 フル操業開始

3月の震災から7ケ月。東日本大震災の津波で被害にあった【株式会社山大】が本格稼働をはじめました。

宮城県石巻市の沿岸部の津波被害は甚大で、工業団地内にある同社工場も被害は避けられませんでした。
製品倉庫やプレカット工場は大破し、製材・加工・乾燥設備等があるウッドミルも被害にあいました。
しかし、サミットHR工法で建てられた木材加工場の躯体はびくりともしなかったとのことです。

高橋社長を筆頭に約100人の社員が一丸となって取り組んだ復旧作業。
6月にプレカット工場から復旧し、9月末ようやくすべての部門でフル操業できる体制となりました。
長い道のりであったと思いますが日々の努力の賜物と思います。

震災にあった方々の復興を祈ってやみません。

 日刊木材新聞に山大の記事が掲載されていました。

≫ バックナンバーリストへ戻る