中・大規模木造、GIRのパイオニア「サミットHR工法」

ニュースアーカイブ

H23.05.12 : 木造計画・設計基準を国交省が発表

国土交通省は、「公共建築物における木材の利用の促進に関する法律」に基づき、国土交通省の所管する公共建築物における木材の利用の方針及び目的等を定めた「公共建築物における木材の利用の促進のための計画」及び、
木造の官庁施設の設計の効率化に資すること等を目的として、「木造計画・設計基準」を策定し、5/10付で発表しました。

「木造計画・設計基準」では、これまでの既存の基準では不足している木造の建築設計に関し、耐久性、防耐火、構造計算等の技術的な事項及び標準的な手法を定めています。

日刊木材新聞(H23.05.12) にも掲載されています

≫ バックナンバーリストへ戻る