中・大規模木造、GIRのパイオニア「サミットHR工法」

ニュースアーカイブ

H22.01.04 : 合法材使用の森林管理署建設中!

『留萌南部森林管理署庁舎』の建設がサミットHR工法を躯体(道産カラマツ)に採用し、2月完成予定で進められています。

同森林管理署は、木造2階建延べ床485.70。使用する木材約90m3はすべてフェアウッド(合法材)を使用し、事務室内の書棚なども既成の鉄製ロッカーでなくシナ材で製作する等 構造体から内装・備品まで木のぬくもりを感じる事務所になる予定。

建設地 : 北海道留萌市潮見町2

≫ バックナンバーリストへ戻る