HRT工法の特長

FEATURE
01

1階はラーメン構造
2・3階は金物接合工法を採用

FEATURE
02

1階はRC造のような大空間を実現

FEATURE
03

1階は無柱の大空間で
用途に応じたプランニングが可能

FEATURE
04

適材適所にあった工法で
建物全体のコストバランスを確保

1階はRC造のような大空間、
2・3階は金物工法でフレキシビリティな空間を実現できます。
2種類の工法を活かし、
合理的かつ建物のコストバランスを確保したプランを提供します。

未来を見据えた新・木造建築工法

「サミットHR工法」と「テックワン・TCW金物」の2種類の工法を活かした、
自由度と経済性を両立した合理的な工法です。

1F 部分は、 木質二方向ラーメン構造「サミットHR工法」により大空間が確保できます。
壁がないため、コンバージョン(用途変更)も容易です。
構造設計から施工までトータルにサポートします。

A 柱梁接合部:金物接合
B 柱梁接合部:GIR接合
C 柱脚部:GIR接合