中・大規模木造、GIRのパイオニア「サミットHR工法」

構造二方向ラーメン構造ピン構造or一方向ラーメン構造
建築計画 【PLANNING】 二方向ラーメン構造のため、
設計自由度が高い。
【PLANNING】 水平抵抗要素として筋交いなどが必要な
場合は、プランニングに制約有り
【SECTION】 柱梁材の見せ方が比較的シンプル 【SECTION】 方杖などがある場合には天井高への配慮が必要。
構造優美性 【イメージ】 RC構造的 【イメージ】 S構造テラス的
【架構】 ラーメン構法の特徴である箱物的でシンプル 【架構】 立体構造やトラス的イメージ、小材の集合体に
よる架構複合柱梁や特注金物の衣装ディティー
ル表現が豊富
【防錆性】 鉄筋金物が外部に露出しない為、塩害などに強い 【防錆性】 鉄筋金物が外部に露出するため、塩害などに弱い。
施工性 【工期】 建方は乾式工法。
エポキシ注入は湿式工法のため、SJ工法に比べて
若干工期は長め。
【工期】 S造的乾式工法のため、比較的短い工期が可能。
【部材ピース】 大断面部材が主体になる為、部材ピース数は少なめ。
ただし、そのぶん扱いにくい。
【部材ピース】 小断面部材が比較的多い。
部材ピースは多いが、大断面に比べ扱いやすい。
構造耐力 【構造耐力】 接合耐力が「非常に大きい」。
タイバーと方杖を採用した大スパン構造に最適。
【構造耐力】 接合耐力が「大きい」。
接合体力不足を補うトラス構造、3ヒンジ構造、
立体構造、筋交いなどを採用。
【変形量】 断面効率が高く、接合部の変形量が少ない。 【変形量】 接合部の変形量が大きい。
【接合耐力】 エポキシ樹脂硬化後の接合部耐力は安定。 【接合耐力】 木部乾燥によりボルトが緩み、体力低下の恐れあり。

2つの工法の組合わせが生み出した大規模木造建築の新たな可能性

サミットHR工法とサミットSJ工法を計画・意匠・構造・施工性・コストのあらゆる面で比較し、ニーズやプロジェクトに合わせ、それぞれの長所を生かしながら適格に適用させることによりより自由度の高い設計と多彩な意匠表現を提供します。