中・大規模木造、GIRのパイオニア「サミットHR工法」

ニュースアーカイブ

H28.08.04 : 【セミナーレポート】7/29「都市型中層木造施設建築セミナー」

7月29日に「都市型中層木造施設セミナー」を開催しました。当日は自治体・設計事務所をはじめ約250名の方にお越し頂き、木造・CLTへの関心の高さがうかがえました。

本セミナーでは、弊社より「中・大規模木造建築の取り組みと新たな可能性」について、三井ホームコンポーネント様より「ツーバイフォー工法による都市型中層木造施設〜その背景と特徴、必要アイテム、実例紹介〜」について説明させて頂きました。些少なりとも木造の良さや可能性をお伝えする事ができたのではないかと思います。

 また、エムロード環境造形研究所 小見山氏に「欧州都市部における中構造木造の現況と日本における可能性」について講演頂きました。欧州や日本でのCLTの実態とこれからの可能性について様々な角度から分析されたとても充実した内容でした。

今後も木造施設普及の為にセミナーを開催予定です。


<セミナーの様子>

 

<セミナー参加者の声>

3時間という長丁場でしたが、時間が短く感じられる程充実した内容でした。

海外のCLTの事例などが知れて興味深かった

基準法の対応及び木造建築物のメリットについて確認できた

木造の可能性を感じることができた

 

 

≫ バックナンバーリストへ戻る